ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診察券
2010年04月02日 (金) | 編集 |
暖かくなったかと思えば寒くなったり

腹巻を外したかと思えば また 付けて見たり

そんな気候の変化に体調を崩し、お医者さんに行く事に。

仕事を終えて掛かり付けの松野医院さんに行き、診察券を出すと

「亀の子さんっ!!!」

「は、はいっ?」

「これは竹野医院さんの診察券ですけどっ!!!」

と、マリーアントワネットかお蝶夫人かというような巻き毛の受付嬢に

呼び止められました。

何だか口調が怖いと思ったのは気のせいじゃないと思われ・・・( ̄Д ̄;)

「すみません

慌ててバックの中やお財布、保険証袋をひっくり返して探してみるけど見当たらない

慌ててる時なんてそんなもので、どこを探しても出て来ない

この際 恥をさらして 待合室の椅子の上にバックの中身を出して

お財布の中身を出して

保険証袋の中身を出して

出して

出して


・・・・・・・・( ̄ェ ̄;) ないよぉ



お蝶夫人は さっきからこちらを凝視

他の患者さんも素知らぬフリで 私が並べたバックの中身を凝視

突き刺さる矢のような 視線 視線っ 視線っっ

\ちょっと、見ないでよっ!(心の叫び)/ ← 見せてるくせに


やばいっ

早くせねば

これでダメなら作り直しをお願いしよう・・・と再度財布を見ると

さっき絶対に探した場所からひょっこり出てくる

このやろうぅぅぅぅ! 誰に向けた怒りなのか分からない怒りに震え

受付の お蝶夫人に差しだす

「すみません、ありました^^;」

「はい (  ̄_ ̄)」

気のせいか お蝶夫人は いつのまにか カマキリ夫人に変貌していた。

(゚ ロ ゚;) こえぇぇぇ


体調は心配することもなく そのまま診察を終えて帰って来ましたが

今度から診察券は しっかり確認して出そうと思った次第です

皆様も 気をつけなはれやっ!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。