ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏には
2009年08月11日 (火) | 編集 |
          kikyou.jpg

夏と言えば そうです。

怪談話 の季節ですね!(≧▽≦)ノ

10代の頃感じていた霊感というか 不思議な感覚はおかげさまで、すっかり衰えました。
今は何か感じたり、ゾクッとしたりしても気のせいだと思ってます。
何だろう、どうしたのって問いかけないのが一番ですからね。

って、こんな話を書き出すと

いきなり 落ちる筈もない本が \ドサッ!/ って落ちたりする。

偶然なんでしょうけど、嫌な感じですよ、ったく。

---------------------------------------

ちょっと前ですけど、友達と食事をして 思いの外遅くなってしまったんです。
たぶん深夜12時をすっかり回った頃だったと・・・^^;
街灯もない長く続く県道を、急いでいました。
対向車もなく、本当に寂しい道を走っていると
道路に向かって路肩に座っている赤い人影がライトに照らされて浮かび上がりました。
真っ暗な県道の路肩に、深夜12時を過ぎた時間に人が座っている筈もなく

・・・なんか わからないけど 見ちゃったよ (;´д`) ハァハァ

そうなるともうルームミラーは見られません。
すぐに角度を天井に向けて ひたすらアクセルを踏み込んで走る走る・・・
たぶん、何かの見間違いだろうと思ってます。
思ってるからっ!!!


皆様・・・何か涼しくなるようなお話、教えてください(爆) ひゃぁぁぁぁ
 

コメント
この記事へのコメント
こ・ん・ば・ん・わ~

そうですか、お言葉に甘えて私の体験談をひとつ。
あれは20年ほど前のこと。家の近くの共同墓地での出来事です。

いつも通勤のため通る道があります。共同墓地の真ん中を通り車1台通るのがやっと、つまり墓石がすぐそばにあるような道なんですが・・・。

当時は残業続きで、この日はとうとう深夜の2時くらいになってしまいました。深夜のお墓は気持ちが悪いので遠回りしようと思ったのですが、近道なのでやはり同じコースをとりました。

お墓への道にハンドルを切った瞬間、白い物が・・・。うわ~ 何だ、何だ?????
恐怖のあまりハンドルから手を離しそうになりましたが、なんとかスル~しました。
通り過ぎてから思い出すと、確か、白い着物を着た女性のように見えました。
夜中の2時ですよ、2時。誰がお墓にいるもんですか。あれは確かに・・・・・。

(後日談)
町内会の席でこのことを話したら、ある人が、「あのばあちゃん、まだ夜中の墓参りやってんのか」と怒っておりました。
2009/08/11(火) 19:47:53 | URL | nonofho #-[ 編集]
中一の時
実家の京都に帰省していたとき、
夜に爺ちゃんが魚(確か鯛)を捌いて刺身にしてくれて
さあ、こんなにたくさん盛る皿が無いよ、と。
で、食器棚の上から未使用のガラスの分厚い皿を箱ごと出してきて
それを台所に持って行って、刺身を盛ったんですね。
それを食卓のテーブルの上に。
で、みんな食卓を囲んで(皿はテーブルの中央)、
まさに「いただきまーす」と言った瞬間、分厚いガラスの皿が、
みんなの目の前で刺身を盛ったまま「ゴドン」と真っ二つに。
それも、ちょうど中央から真っ二つ。
そのときは「あ、この皿は最初からひびが入っていたんだー」と、なったんですが。。。
翌日、大阪へ戻ったら小6の時の担任が癌で亡くなったと電話が。
よくよく聞いたみたら、先生が息を引き取った時間と
皿がみんなの前で真っ二つになった時間が
なんと同じだったんです。。。
実話。
2009/08/11(火) 20:34:34 | URL | トチロー #JN7ftFKI[ 編集]
恐い話ですか~
実は、10年前に、うちに幽霊?がいたらしいんです。
娘の霊感が強かったのか
よく、「お母さんの後ろに誰かいるよ」と言われ振り返ると・・・
誰もいないんですよ。
娘に聞くと「上半身は白いシャツみたいので、下は黒かったかな?」と言ってました。
主人は、「あれ?洗面所から息子の部屋に誰か入って行ったぞ」と言ったんですが
その時、私と主人しかいませんでした。
どうも、誰かいたんですね。
その頃、姉が脳出血で入院していたんです。
そして、1年だったか後、姉は亡くなりました。
それから、うちにいた誰かが居なくなったんです。
あとで考えると、姉が来ていたのかな?って。
どうりで、恐いって感じが無かったんです。
これも、私の家族全員が体感してるので実話です。
2009/08/11(火) 21:16:24 | URL | maychan #-[ 編集]
ひえぇぇ~
これは従姉妹の体験した怖~~~い話なのですが・・・
ディズニーランドに遊びに行ったときのこと
大好きなくまのプーさんと一緒に写真を撮ったんです
ですがそのプーさんが立ち去るとき
突然フラフラッとしたかと思うとばたっと倒れてしまいました
そしてポロッと取れた首の中から

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おっさん”出てきたそうです

え?怖くないですか?

じゃあ、「天井のお兄ちゃん」の話がありますが
もし、↓読んでなかったら読んでみてくださいませ
http://devenirherbe.blog53.fc2.com/blog-entry-61.html
2009/08/12(水) 10:34:16 | URL | エルブー #In6tDprU[ 編集]
冷え~⌒ヽ(*゜O゜)ノ
それは小学校低学年の頃だったでしょうか!?
家から歩いて5,6分・・・
ちょうど道は緩やかなカーブ・・・
カーブの右側に墓地がありました・・・
夜、わたしは何をしていたのでしょうか?
ひゅるるぅ~~火の玉 !!!~冷えぇ~~(・_・;)
わたし・・走って帰った記憶はありますの(@_@;;;
2009/08/12(水) 11:46:14 | URL | yufuma #dpqYy5Vw[ 編集]
Re
>nonofhoさん♪
深夜2時のお墓を通り抜けようだなんて、nonofhoさんて勇気ありますね。
もう、読んでいてドキドキしちゃいました。
し、白い着物を来た女性って、それは絶対に、この世の方ではないような。
(¬д¬。) おばあちゃんだったら、nonofhoさんだって気付くでしょう?(笑)
・・・と、あえて幽霊ということにしてみたい^^ひひひ♪
おばあちゃんだとしたら、何で夜中にお墓参りするんでしょうね?
もしかして、丑の刻参りとか?きゃー、そっちの方がこわいぃ~
貴重なお話ありがとうございました。

>トチローさん♪
あの世へ行く前に知らせいらしたのでしょうか?
きっと、可愛いがっていたトチローさんに最後のお別れを伝えようとしたのでは?
・・・でも、だとしたら、もう少し違う形で教えてくれてもいいような気もしますが^^;
みんなで食卓を囲んで食べようとしている分厚いガラス皿を、真っ二つにするなんてね。
サプライズ好きな先生だったのかしら?(笑)
他にもムシの知らせとか、危険を知らせるとか、
守護霊様が教えてくれることってあるみたいですね。
やっぱり科学で証明できないことって、あると思うんですよねぇ^^
貴重なお話をありがとうございました。

>めいちゃ♪
「うちに幽霊がいたらしいんです」って、めいちゃらしい^^
お嬢さんの霊感すごい。「お母さんの後ろに誰かいるよ」なんて言われた日にゃ
私だったら、マジびびります(怖)
こ、こわ~~~いって思ったけど、お姉様が遊びにいらしていたのなら
怖いっていう感覚がないのも頷けます。
きっと、めいちゃ家族に会いにいらしていたんですね。
明日は盆の入り、お姉様も帰ってきますね。
うちも、きゅうりのウマでも作って父やご先祖様を迎えることにします^^
貴重なお話ありがとうございました。

>エルブーちゃん♪
あの、夢の国ディズニーランドでも幽霊が出たのかっ!(怖) と思って読んでいたら・・
でも、違う意味で ものすご~~~く恐怖体験されましたね(笑)
私もプーさん大好き人間ですから、せめて若いお兄さんであって欲しかった。
おっさんのプーさんなんて、幽霊より見たくなかったかもしれません。凹〇

エルブーちゃんちの天井のお兄ちゃん、読みましたよ~~~
恐怖でチビリそうになりました(笑)
お母様、その後もお兄ちゃんと仲良く暮らしているのでしょうか^^;
貴重なお話をありがとうございました。

>yufumaちゃん♪
私はまだ火の玉を見たことがありません。
ホントにユラユラと飛んでるらしいですね。こわ~~~い(/(エ)\)キャー
科学的には証明されたって言いますけど、リアルに見たらやっぱり怖いと思いますよー
yufumaちゃんも書いてるけど、
小学校低学年で、夜に墓地で何をしようとしていたのですか?
ひとり肝だめし?・・・な訳ないか^^;
そうでなくても、夜の墓地はあまり気持ちのいい場所ではないので
もう小学校低学年じゃないyufumaちゃん、ひとりで行ってはいけませんよ^^
貴重なお話をありがとうございました。
2009/08/12(水) 16:10:04 | URL | かごめ #BaVqJGy6[ 編集]
かごめちゃ~ん、こんばんは。
禁止ワードが含まれているっていうんですけど
わたスはそんな、コワイ話は書いてないんですよ~。
何がひっかかるのか…。チトコワイ(^^;)
2009/08/13(木) 01:44:19 | URL | mirovivi #ugRqwqhY[ 編集]
よしよし、今度はどうだ。

亡くなった義母は、見えない人を見ていたようでして。
知らない男の人を家に入れてと、何度も叱られました(笑
でもよく話を聞くと、なんだか亡くなったわたスの弟のような気もするんです。

でも一番コワイのは、わたスの寝起きの顔という噂です(^^;)
2009/08/13(木) 01:48:01 | URL | mirovivi #ugRqwqhY[ 編集]
犯人は「ヌレギヌ」という言葉だったようでシ。
2009/08/13(木) 01:49:32 | URL | mirovivi #ugRqwqhY[ 編集]
みなさん、色々な体験をお持ちで!!
私も、むかーしムカシの小学生の時、
”火の玉”を見たのよ~!!!!!
ほんとよお~~~

父と弟と近所の仲良しさん達と見たのv-12
もう帰ろ~・・・としていた、ある日の夕暮れ時

電信柱よりは少し高いかな?といった低空を
ふ~わり ふーわり ゆ~ら ゆ~ら 
燃えるような感じで飛んで行ったのよ~・・・・・・

でも、こわいと言うより、
不思議な、神秘的な感じだったかな???
2009/08/13(木) 16:22:57 | URL | otobokemama #raLI/NDk[ 編集]
相変わらず 美しい写真です

なのに 話は 怖いのなのね
あたし 経験なしだけど
怖い話は あまり怖くない~

あの世があるかないか? は解らないけど
お化けは 捕まえた人がいない・・・・・・・・・・・

なぜなんだろうか?
もしいたら ぜひ会いたいです

そして 聞きたいです  地獄 天国ありますか!?

と・・・・
2009/08/16(日) 23:27:10 | URL | くー婆ぁ #-[ 編集]
Re 遅くなりましてすみません
>miroviviちゃん♪
禁止ワード( ̄m ̄〃)ぷぷっ! すみませんでした。
たぶん「ヌレ」という言葉かもで(笑)アハハ
エロコメ対策でしたがご迷惑をお掛けしました^^;

えっ?知らない男性を家に連れ込んでいた?(なんちゅー表現じゃい)
miroviviちゃんの魅力に幽霊も思わず付いて来ちゃった?
と思ったら弟さんでしたか・・・
きっと守護霊さんになってmiroviviちゃんを守っていたのですね^^
miroviviちゃんの寝起きの顔?
大丈夫です、ここにも恐ろしい顔をした女がひとり・・・(ΦωΦ)フフ

>otomamaちゃん♪
otomamaちゃんも火の玉を見ましたかっ!
やっぱり出るのですねぇ・・・こわっ
私も一度でいいから、見てみたいのですが、
実際に見たら腰を抜かすんじゃないかなーと思ってます(笑)
神秘的な感じがしたのは、綺麗だったからかしら?
ほんとに世の中、不思議なことってありますよね。

>くーちゃん♪
くーちゃん、現実派♪ (⌒▽⌒)
でも、本当にお化けを捕まえた人はいないものね。
会いたいなんて言ってると・・・今夜あたり怖いものが枕もとに立つかも。ドロドロ~♪

天国と地獄ですかぁ。
無いような気もしますけど、でも生まれ変わりは信じてます(。--)ノ
来世はきっと石油王として生まれたいわ(笑)
2009/08/17(月) 13:13:50 | URL | かごめ #BaVqJGy6[ 編集]
石油王

あたしは 石油王のでいわ~

遊んで暮らすわ~
わけー男 数人はべらせて~ 金髪系の 

あははは~
2009/08/17(月) 18:30:14 | URL | くー婆ぁ #-[ 編集]
この手の話は・・・
まぢ苦手だわ~。

どんなに猛暑だって、こんな涼み方しかないのなら…アタシ、耐えて見せますともっっ!!

全く、夏は嫌いだわ。暑いし…蚊はいるし…
恐い話あるし…歳はとるし…。

一番恐いのは…最後かも(笑)
2009/08/17(月) 20:13:39 | URL | olive #-[ 編集]
Re
>くーちゃん♪
ほいじゃ、私が石油王になって、くーちゃんを嫁にもろたる(笑)
金髪の美少年数人?よっしゃよっしゃ♪
ドレスもたくさん 買うちゃる♪
毎晩 舞踏会しちゃる♪
妄想は楽しい ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

>oliveちゃ♪
えっ?oliveちゃにも苦手なものが・・・
肉だけじゃなかったのかっ "φ(・ェ・o)~メモメモ

エコ推進委員のワタクシとしては怖い話で涼しくなろうと・・・コラコラっ♪
歳の話は私もやっぱり一番怖い。
oliveちゃも もうすぐ絶叫のときが・・(ΦωΦ)ふふ
2009/08/17(月) 23:56:24 | URL | かごめ #BaVqJGy6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。