ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みみずくと椅子と私
2008年11月09日 (日) | 編集 |
swan.jpg

先日、市民病院へ母の付添いで出掛けた時のことです。

病院内にある図書室で暇を潰そうと覗いてみると、思いの外混んでおりました。
部屋の中心の長テーブルには姿勢のいい紳士とご婦人が4,5人、回りの雑音など気にした風もなく真剣な表情で活字を追っていました。
漫画本でも読もうと思っていた私は、少し見栄を張ってすぐに単行本の棚へ行き、簡単そうな題名の本を探し、その姿勢の良いご婦人達の間に分け入りました。
「私だって、活字 読んでますからっ!」みたいな(笑)。

普段したこともないような姿勢で椅子に座りましたが、3分と持ちやしません。
おまけに椅子の座り心地が悪い。私の大きなお尻を受け入れてくれるような、そんな懐の広い男じゃないんです・・・いえ、頑丈な椅子じゃないんです。仕方なく 椅子からはみ出た尻肉を遠慮がちに1/3ほど乗せて本を開きました。ぷるぷる・・・

「みみずくの散歩」   五木寛之

このエッセイはとてもおもしろく、いや、おかしくて、危うく 尻肉に集中させていた神経を、思わず奪われそうになったほどでした。五木寛之原作と言えば、青春の門とかポリネシアンセックスとか・・・でも作者に対するそんなイメージが全く変わりました。こんなところで、こんな素敵な本に出会えたなんて、感激でした。ぷるぷる・・・

母の診察も終わり、途中まで読んだみみずくさんともお別れ・・・
もう少し読みたかったなぁというモヤモヤ感のまま、帰りに蔦屋に寄って同じ本を探してみましたが見つからず、家に帰ってすぐにアマゾンで検索
1円の中古本も含めて結構な在庫があり、モヤモヤも解消。
朝日新聞連載中、圧倒的な好評を博したユーモアあふれる名エッセイ!との紹介。
「みみずくの夜メール」など姉妹本もあるようでしたので、どうせならと、まとめて5冊大人買い。

さて、今日は日曜日ですので、朝から読書といきますかっ!
幸いにもうちのリビングの椅子は頑丈な出来ですから、尻肉の心配などせずに安心して笑えそうです。
コメント
この記事へのコメント
おはよう!
この年になり 急に拒むようになったのが 読書
字がだめになりました 細かい字もOKなのに 深い思考がダメなのです

パソコンの字はOKなのですが 本離れが なぜか不明です~
五木寛之 品がありいいですね
渡辺淳一 森瑤子などの本は どうもあの内容から 読んでも受け入れられませんでした

もう二度と 読書の世界に戻れないと思うと 辛いです
かごめさん たくさん読んで!いまのうちにね
2008/11/09(日) 08:20:45 | URL | くー婆ぁ #-[ 編集]
スキエさんの病院の付き添いに行って
みみずくさんと出会えたんですね。
ゆったりした日曜日をお過ごし下さいね、かごめちゃん♪
2008/11/09(日) 09:12:50 | URL | meychan #-[ 編集]
ほうほう かごめさんも読書脳でございますか
エエこってすな ホメホメ
病院の椅子 あっしが怒鳴り込んで行きまっか?
2008/11/09(日) 12:22:49 | URL | Ponta #R63KSl6.[ 編集]
Re
>くーちゃん♪
くーちゃんは忙し過ぎるんですよ。
私なんて、暇なんだけど「読むぞー」と時間を作らないと読めませんけどね^^;
深い思考なんて全然ないです(汗)
本もやっぱり笑えるのが一番いいなぁーなんて^^;

>めいちゃ♪
本との出会いなんて、どこにあるかわかりませんね。
えーと、昨日はゆったりし過ぎて眠ってしまったような・・・・^^;
ぼちぼち楽しんで読むことにします(* ̄∇ ̄*)

>Pontaさん♪
そそ、Pontaさんに感化されて読書脳ですよ( ̄m ̄〃)
でも、難しい超大作は無理です。ショートちゃいますから。
病院の椅子じゃなくて、私の尻肉を怒鳴ってやってください。
2008/11/10(月) 06:33:08 | URL | かごめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。