ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出
2008年07月03日 (木) | 編集 |
aoikaki.jpg

私が高校3年生まで住んでいた所は、現在 新しい住人が新しい家を建てて住んでいます。
当時の家もなくなってしまった今、昔を懐かしむには、頭の中に残る薄れ行く思い出を辿るしかないのですよね・・・
母はその家の前を通るのが辛いといいます。

そこは、父と苦労を共にした場所、オモローな父が笑いでいっぱいにしてくれたところ、
7人家族で過したその家には本当にたくさんの出来事があり、そのひとつひとつに喜びや悲しみがあり、懐かしい大切な思い出がいっぱい詰まった場所でした。
でも、今はその家も無く、見た事もない新しい家がそこにある・・・
喪失感とでもいうのでしょうか?
きっと思い出までが消えてしまったように感じるのでしょうね。


でも、たったひとつだけ、今も形として残っているものがあります。






祖父と父で植えた柿の木・・・




今も青々とした葉を付けて元気良く立っています

小さい頃から、毎年甘い柿をたくさんつけて、秋になるとよく屋根に上って父と採りました。
今でも、白いシャツを着た父の柿を採る姿が、昨日のことのように思い出されます。
愉快な父はわざと渋柿を私によこして「喰ってみろ、甘いぞ」といい、
私が「ガプっ!げげー!渋柿じゃん(;`O´)o」と、怒る姿によく笑っていました。

幸せなことに新しい住人は、その柿の木を残してくれたのです。
きっと大きな柿の木を切るのは忍びなかったのでしょうね。
時々仕事でその家の前を通ると、木が元気にしてるかな?と覗いてしまいます。

私にとって大切な思い出の木でもあるのですが、その柿の木が今度はまた違う人の思い出となって、これからもずっと元気に生き続けてくれたらなと思います。
私は もう、その柿を食べることは出来ないけれど、その家族を喜ばせていたら満足かな^^




スキエさんが少し寂しげに

「前の家の柿、今年もたくさん実をつけたかなぁ・・・」


「うん、付けてるよ、元気だったもん」


私もちょっとしんみり・・・(・_・、)











やしいねぇ、甘柿、たくさんなったのに、引っこ抜いてくれば良かったよ」



( ̄∇ ̄;) そっちの方が スキエさんらしいやっ♪
コメント
この記事へのコメント
思い出はそっちのけかい!! ブハ・・・スキエサン(-_-)
2008/07/03(木) 13:54:27 | URL | side #-[ 編集]
それぞれの思い出
解りますね。
私は中学に入るまで父の仕事で7か所も移動しました。
行く先々でいろいろな友達ともめぐり合いました。
イジメみたいなのもありまし。
父は 故郷を持たないものはだめだと 私が高校へ入ると同時に職を辞して今の場所に定住しました。
それぞれの思い出です。
2008/07/03(木) 14:42:21 | URL | 優月雅日 #OvRzTSuc[ 編集]
うちの実家にも昔柿の木がありました。
父が生前植えていたものでしたが、
車庫を作る時に伐採してしまいました・・

思い出の樹が、残っているというのはいいですね。
・・なった柿の実が口に入らないのは哀しいけど(笑)
2008/07/03(木) 17:40:18 | URL | さあ茶 #SJMMuUIM[ 編集]
良かったね~かごめちゃん。
思い出の柿の木が残っていて。
でも、スキエさんは寂しく感じるのかもしれませんね。
最後のスキエさんの言葉は、暗くならないように
ジョークを言ってくれたのかもね。
秋になって、柿の実がオレンジ色になったら
写真を撮って、スキエさんに見せてあげたらいいかもしれないね。
でも、どんな言葉が返ってくるのかな~
2008/07/03(木) 20:45:11 | URL | meychan #-[ 編集]
Re
>sideちゃ♪
食べられない柿を見るのが辛かったのかと・・・^^; 本心は分からないけどね^^

>優月雅日さん♪
いろんな思いを背負って人は生きているんですね。
お父様のお考えで優月雅日さんは故郷が出来たのですね。
確かにいつも温かく迎えてくれる故郷はいいものです。
ホッと安心できるところですものね。
私の住んでる所も雪深い山ですけれど、住めば都です^^v

>さーちゃ♪
ちょっと食べてみたい気もするんですけどね^^;
柿が色付いた頃、ボールでも投げ込んで、欲しそうな顔をすれば1つくらい くれるかしら?(≧▽≦)ノ お前は磯野カツオかっ!

>めいちゃ♪
めいちゃの言う通りかもね~
スキエさん・・・・思い出の木が、見知らぬ人の家にあるのが、ちょっと悲しかったのかもしれません
秋になったら柿の写真を撮って?
「貰って来い!」って言われそうです。ぎゃー!
2008/07/03(木) 23:01:21 | URL | かごめ #-[ 編集]
ええ話やなぁ~~~ 家族っていいなぁ~~~ で、今のカゴメちゃんなんですね・・・ 家の娘もそんな風に思ってくれたら幸せかなぁ~~
2008/07/04(金) 06:59:10 | URL | momosaburo_one #-[ 編集]
今日はとってもしみじみとお話で・・何か、いいっすね・・・・
って思ったらやっぱりオチがあった。ふふふ。

私も昔住んでいた家の近く、足を延ばすことがありますが
そこは現在親戚が住まわれているので、庭木などはそのままあるようです。
周りの建物は随分と変わりましたが(寂し

かごめさんの思い出、柿の木に救われていますね。
2008/07/04(金) 12:19:00 | URL | yuko #-[ 編集]
>momosabuちゃん♪
思ってますとも~^^
momosabuちゃんは優しいから、きっと自慢のパパなんじゃないかしら?(^ー^* )フフ♪
孫に備えて、今のうちに庭へ桃でもパイナップルでもアップルマンゴーでも植えとけば、まだ間に合うわ^^v
マンゴーが出来たら、アタシにもちょーだい(≧▽≦)ノ

>yukoちゃ♪
しんみり書こうとしたんだけど、ついついオチが付いてくる・・
ああ悲しいサガよ(T△T)

yukoちゃは思い出のおうちが残ってるんだねー^^
羨ましいなぁ♪
ご親戚ならば、たまに家を覗くことも出来るしね~!
・・って、怪しまれるわっ(゚Θ゚ノ)ノ
2008/07/04(金) 13:00:28 | URL | かごめ #-[ 編集]
そ~か。
かごめちゃ、大事に育てられたんだろうね^^
だから、おもろくて~おもろくて~おもろくて~。あれ??誉めてたつもりが( 〃..)

アタシャ、子供の時から風来坊で…思い出がないかも。寂しい女ですゎ(←女だったのか?笑)

息子らにゃ~同じ思いは…と、我が家はなぜかジャングルだす。

ぶどう、ブルーベリー、ぐみ、ユスラ梅の木が、美味しい実をつけますが…争奪戦ですの。

我が家の思い出は、キレイなものではなく、味もしくは戦いか?!
らしいっ┐(´ー`)┌

2008/07/04(金) 18:06:00 | URL | olive #-[ 編集]
かごめさん
いろいろお世話になりました 励ましの言葉ありがとうございます~
やっとで 終わりましたわ

もうカキが こんなに大きくなっているのね
秋には オレンジ色に色づくのね

引っこ抜くねぇ~  やりかねないなぁ~
スキエさんなら 夜中に出かけて 抜いてしまいそうな気がするわ
でも 住んでいた場所に 全く知らない人が住み その様子を垣間見る~ すこし寂しいね
死んだ私の母も 生家が マンションに変わったときは
「情けないなぁ~」と 言っていたわ

でも そういうことに 長く こだわると人生は暗くなるから
けせらせらだわ~といきたいわね
2008/07/04(金) 18:53:10 | URL | くー婆ぁ #-[ 編集]
Re
>oliveちゃ♪
アタシは男の子みたいに育てられましたわよ^^;
まだまだ父の域には入ってませんが、これからも笑いの道を極めたいと・・・おいっ
olive家の果実争奪戦、混ぜて頂きたいわぁ~♪
すっごぃ楽しそうだしっ!負ける気がしないしっ!
ガハハ♪ ボク達のきっといい思い出になるね^^v

>くーちゃん♪
大変なときに、お立ち寄り頂いてありがとうございます。
少しは落ち着いたかな?
お気を落とさずにね、くーちゃん。

スキエさんは裏庭にしっかり柿の木を2本、植えてますからね。ぬかりはございません。
ただ、ここは標高が少し高いので、甘柿も年々渋くなっていくのですよねぇ・・・予想外だったわ
甘柿、欲しがる筈よねぇ
2008/07/04(金) 23:16:38 | URL | かごめ #-[ 編集]
あまりにもイイ話しで
何度読み返しても
コメントする言葉が見つかりません
2008/07/05(土) 10:30:11 | URL | Ponta #R63KSl6.[ 編集]
Re
>Pontaさん♪
ほんとぅ~?(¬д¬。)

あ~、ちょっとアタシらしくないって言えば、らしくないんですけどぉー。
言葉が見つからなかったコメント、あ、ありがとうございますた。(〃 ̄ω ̄〃ゞ ムフフ
2008/07/05(土) 12:41:03 | URL | かごめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。