ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舌切り雀に思う
2007年11月05日 (月) | 編集 |
135.jpg

雀って身近な鳥だけど警戒心が強くて、なかなかジッとしていてくれないのですよね・・・まぁ雀だけじゃなくて、野鳥はみんなそうでしょうけど。
それを考えると、「舌切り雀」のお話に出てくる お婆さんは雀を捕まえられたのだから、すごい敏捷だったのだと思われ、とても感心しました。ナンノコッチャ♪
舌を切られた雀はかわいそうだけど、でも糊を食べちゃった

アンタ ( ̄。 ̄)σ も悪い!

かわいいからって許されないわよ!・・・ってこれは

「え~~♪出来ませ~ん。クネクネ♪」

って、仕事が出来ないことを色気でカバーしようとする若い子に言ってる訳ではない。(` - ´ メ) 中年のヒガミじゃなーい
だいたい、自分の身を案じて探しに来てくれたお爺さんに「大きいつづらと小さいつづらのどちらがいいですか?」などと人の心を試すようなことを尋ねるなんて非常識だぞ。
お宝のたくさん入ったつづらを「どうぞ♪」ってあげるべきでしょ!
まぁ、強欲なお婆さんとの対比で、欲をかけばロクなことがないという教訓なのでしょうが・・・人の糊を勝手に食べちゃったアンタに教えられたくないぞ!・・・と だんだん 雀が憎たらしくなって来てしまった(* ̄m ̄)プッ

と、昔話にあれこれ言ってもねぇ( ̄∇ ̄;)
小さい時に このお話を祖母に聞かされたときは
「雀って舌を切られても生きてられるんだ。頑丈なんだなぁ」と思った記憶が・・・ったく小さい時から、素直に聞けない子なんです (・・*)ゞポリポリ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。