ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだったのか・・・
2007年09月07日 (金) | 編集 |
86.jpg

先日 母とスーパーへ買い物に行った時のこと。

レジを終えて、品物を袋に詰めていたら
ニコニコした おばぁちゃんが近付いて来て 母に

「こんにちは」 ←おばぁちゃん

『こんにちは~^^』 ←母

「今日はお買い物かぇ?」

『うんうん そうそう 娘とね』

「あれ、娘さんかぇ?」

『こんにちは~(*_ _)ペコリ』 ←私

「娘さん、若いね~!高校生かえ?」
             
( ̄ェ ̄;)エッ?ちょっとちょっと!褒めてもらった こっちが辛い!
             
『あは そうそう・・・』
            
・・・・って、おーい!母まで何をすっとぼけた事 言ってんのよ!
             
・・・で、母はおばぁちゃんと何やら喋っていたけど、荷物も袋に入れ終わったので、挨拶して お店を出た。


『ねぇ だれ?』
             
『知らない!』
             
『(゜ロ゜;)エェッ 知らないってさ、あんなに親しげに喋ってたじゃん』
             
『ん~・・・ちょっとボケちゃってるみたいだね~』
             
『(  ̄_ ̄) そうなんだ ナットク!どおりで・・・』
             
『あんたを高校生だってさ (≧▽≦)ノギャハハハハッハハハハ』
             
『アタシだっておかしいって思ったわよ!(`-´メ) 』
            

でも・・・
おばあちゃん、ひとりで買い物に来たのかなぁ?・・・と振り返って 店を覗いてみたら、お嫁さんらしき人と一緒にいた。ひとりじゃなくて 良かった( ´o`)ホッ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。