ひとりごとでも聞いて欲しいときがあるんだよね
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内運動会
2008年09月28日 (日) | 編集 |
undokai.jpg

今日は町内運動会でした。
雨こそ降らなかったものの、朝からものすごく寒い一日でした。


役員で景品担当だった私は競技には出場せず、
本部席で、景品のトイレットペーパーや洗剤、ラップの数を数えたり配布に追われていました。
身体を動かした事といったら、ラジオ体操をしたくらいだったのに、
なぜか今頃になって、筋肉痛が・・・

なんで?







すっごく寒くて、身体が硬直していた・・・・・・為かと。



そんなことで筋肉痛になる私の身体って(泣)
スポンサーサイト

いい歳をして・・・
2008年09月25日 (木) | 編集 |
ha111.jpg

お金持ちの叔母が遊びに来た。

口が肥えている叔母を おもてなしするのは大変だったけど
まぁ、私の下手な手料理も喜んでくれた。

叔母には子供がおらず、私も小さい時からおばちゃん子であった。
コウもゴチも孫のようにかわいがってくれてる。



叔母は22歳のゴチを捕まえて

「ゴっちゃん、おばちゃんがお小遣いをあげようね」

「ええっ(///∇//) いいよ、もう働いてるんだし・・・」

「そうだよ、反対におばちゃまにお小遣いをあげる立場なんだから!」

「あら、かごめにもあげようと思ったのに、あーた、要らないの?」

「えっ・・・・・・・・」 もちろん、ホスィよぉ (///∇//)エヘエヘ

と、 ゴチに 手慣れた筆文字で書いた のし袋を渡している。

「こっちは、コウちゃんへ、これはかごめにね」


キャイーン♪♪♪ あ、ありがとうございます。
あぁ、お小遣いもらうなんて、どのくらいぶりだろう!(* ̄。 ̄*)
年金受給者の叔母から貰うなんて、バチあたりだけど、まぁお金持ちだからいいか^^v


『なぁなぁ、ゴチ いくら貰った?』

『ラッキィ~♪( v ̄▽ ̄) 5万も入ってる♪』

『おおお、すげぇ♪ふふふ あたしはいくらかなぁ~♪ ビリビリ・・・』















5千円かぃっ! 凹〇 コテッ






(¬д¬。) ジーーーッ

                 わあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ やったぁ~♪ 




おばちゃま、あふぉーな息子達にたくさん頂いて、大変ありがたく思っております。

でもさぁ~、なんかさぁ~期待が大きかっただけに・・・。゜゜(´□`。)°゜。ワーン
親切
2008年09月24日 (水) | 編集 |
ho77.jpg

用事で長野市内まで出掛けた時のことです。
3車線の真ん中で信号待ちしていると、
左隣のレーンにいたトラックの運転手が大声で叫んでいる。

何を叫んでいるんだ?
(* ̄ー ̄*)ニヤ あら、ちょいとイケメンじゃないの!むほほほほ♪



\後ろのドアが!後ろのドアが!/ 



私の右隣の車に叫んでる。
見ると、パパ運転、ママ助手席、後ろに男の子が二人 ギャァギャァと騒いでいる
パパは 『うるさい!黙れ!いい加減にしろ!』 ← たぶんこんな事を言っていたみたいだ


\すみませーん!ちょっとぉ~!後ろのドアがぁー!/




はて?後ろのドアがどうかしたのか?


パパとママと私は トラックの運転手を一斉に見る * ¨)* ¨)* ¨)



\後ろのドアが半ドアですよ!/




パパはニコニコしながら 運転手さんに手を振る。



チャイルドシートに乗ってるとはいえ、もし走行中にドアが開いたりしたら大変なことになる。
親切な運転手さんだなぁと、私も微笑みかけた♪(*´∀`*)
しかし 一瞬早く 信号は青に変わり
トラックは私の微笑みを置き去りにして走り去った。



(`・ω・´;) ちぇっ!なんでぇ!
本当ですって!
2008年09月23日 (火) | 編集 |
seseri.jpg
イチモンジセセリチョウ



お彼岸でしたので、母とゴチとお墓参りに出掛けました。

少し日陰に入ると、音もなく忍び寄る蚊の軍団。
秋深し、蚊の寿命もそろそろ終わりに近付いている為か、子孫を残そうと躍起になっている

「お母さん、蚊が飛んでるから気をつけてね」

「いやだねぇ。まだ蚊の奴はこの年寄りから血を吸うんかい!」

と、追い払う格好をしていました。 まぁ・・・年寄りの血でも この際文句は言いませんよ。

・・・すると、1匹の蚊がスキエさんに止まりました。



こともあろうに、スキエさんのおでこにっ!!!







あっ!・・・・・\バシッ!!!!/



\痛っ!!!/


いや、今ね、お母さんのおでこに蚊がいたんだよ。


それで 蚊は?




に、逃げたよっ!




(  ̄- ̄)



ほ、ほんとに いたんだよっ! さ~ん、出て来てぇ~!
読書の秋
2008年09月22日 (月) | 編集 |
books.jpg

読もうと思って買ってきて、スキエさんの部屋へ行ったきりになっていた本から
数冊抜き出してきた。

時々 活字の海に溺れたくなる
がむしゃらに読みたくなる
時間を忘れて集中したくなる


「この本、ちょっと持っていくよ・・・」

「こっちの方が面白いよ。この本はね・・・」


と、本の解説というか、ちょっとしたあらすじを話すつもりで、

口を滑らせて 犯人をバラしたりする。ムカ!(`・ω・´;) ぉぃっ!



話したがりのスキエさんの口はムズムズが 止まらない。
どっから見ても・・・
2008年09月18日 (木) | 編集 |
yagi.jpg

真似して 今 舌を出しましたね?

そんなあなたが好きです!






実は・・・

私の 切手貼りマシーンなんです。

白いヒゲをひっぱると シュレッダーに早変わり。


ヤ、ヤ、ヤギじゃないです
念を送る
2008年09月17日 (水) | 編集 |
ho.jpg

若いカップルが馬に近付いて

「撫でてごらんよ」

「きゃーん♪コワーイ」
「大丈夫だよ、ほら」

微笑ましい・・・というか、羨望のまなざしで見る私 ( - ゛-)ジーッ

すると、そこに乗馬服に身をつつんだイケメンが登場。
どうやら、乗馬体験の指導者のようだ。


どうですか?乗ってみては?」
「えええ~。無理ですぅ」
大丈夫ですよ、大人しいですよ」
「かわいいですよね」

イケメンは彼女にばかり話かける。
ふたりだけで盛り上がっている。

彼氏は・・・・?


馬場の方にソッポ向いて行ってしまった。


あ~ぁ、怒ってるよ。当然ちゃー当然だけど・・・
彼氏~、いいのかよーほっといて!おーい!おーい!
おせっかいなかごめおばちゃんは危険を予知し、イケメンから彼女を奪還すべく
彼氏に念を送った。

(「  ̄_ ̄)「 ~~~~~~~~~~ 『今すぐ彼女を呼びたくな~る!あぶらかたぶーらぶら!』


すると私の強い念に操られた彼氏が
「こっちに、来てみ~」と、彼女を呼んだ。
慌てて駆け寄る彼女。
仲良く馬場を眺める二人


私の機転で、別れの危機が迫っていたカップルを見事に救ったのだった。
今日もまた良いことをした。(ΦωΦ)フフフ
食べられないでしょ!
2008年09月16日 (火) | 編集 |
damasi.jpg
昨日のこと・・・・

冷凍たい焼きをチンしようとして皆に声を掛ける。

「たい焼き、食べるひと~」

「ハイ!」
 「ハイ!」 「ハイ!」

ついでに、角煮まん もチンしちゃおう!

「豚角煮まん、食べるひと~」

「ハイ!」 「ハイ!」 「ハイ!」

「梨 むくけど、食べるひと~」

「ハイ!」
 「ハイ!」 「ハイ!」



(  ̄_ ̄) スキエさん、そんなに食えるのかよ?


「お母さん、大丈夫なん?食べられるの?」

「食べられるよっ!(っ`Д´)っ」





返事だけはいいけど、食べられる筈もなく・・・・

まっ、今日は敬老の日だから許すけど、調子良く返事するのはやめてください。
お蕎麦
2008年09月15日 (月) | 編集 |
soba.jpg
蕎麦の花

お蕎麦の収穫もそろそろでしょうか?
新蕎麦を食べられるのは12月頃ですね・・・
数年前に蕎麦打ち体験をしたのですが、またしたくなりました♪
自分で打ったお蕎麦を食べるのは、そりゃおいしいですよ。
見てくれなんて、かまやしない。
一生懸命こねて、一生懸命伸ばして、一生懸命切って
細いのがあったり、太いのがあったり、ボソボソしてても ひと味違う!

一生懸命はとっても おいしいのだっ!
姨捨の棚田
2008年09月14日 (日) | 編集 |
tanada.jpg
姨捨伝説と「田毎の月」で松尾芭蕉などの俳句でも有名な姨捨の棚田に行きました。
調べてみると「日本の棚田100選」にも選ばれたようです。
結構な傾斜があるので、ちょっといい運動になります。(*´Д`*) ツカレタ
法面や道の雑草はきれいに刈り取られ、棚田保存会の皆様のご苦労が伺えます。

もうちょっと晴れていたら、遠く千曲川をのぞめたのですが残念でした。

稲刈りももうすぐ・・・
おいしい新米も食べられます(* ̄∇ ̄*)
はたらく くるま
2008年09月12日 (金) | 編集 |
juu.jpg
会社の重機、並べてみました・・・・机の上に(≧▽≦)ノ
いくつ名前が言えますか?
私、最近までショベルカーとブルドーザーの違い、分かりませんでした (おいっ
ローラーだって、タンデムとかマカダムって言われたって・・・どの機械?
書面の上では、よく見かける名前も、実際にどれがそうで、どんな仕事をするのか
建設会社にいて知らないなんて・・・・( 〃..)ノ ハンセイ

こんなかわいいオモチャを見ると、小さい頃を思い出します。
父のお土産はいつも決まって男の子が喜びそうなロボットや戦車。
でも、嫌いじゃなかったな^^;
ゼンマイ式の戦車は、動くと大砲から火花がパチパチと出てね、すごく楽しかったっけ。
今でも、そんなオモチャって、あるのかな?

さて、会社でこんな写真を撮ってるのがバレたら叱られちゃうな^^;

お仕事しなくちゃ♪
じゃぁ、クリップでも運んでもらいましょうか^^ショベルローダーさん♪

buru.jpg
覚えてろっ!
2008年09月11日 (木) | 編集 |
ruri4.jpg
クロウリハムシ


ゴチがちょっとケガをしましてね、いえ、大した事はないのですが、1週間ほど家で安静にしてるように言われまして・・・階段の上り下りが苦痛だというので、リビングに布団を敷いて1週間はそこで寝食することに・・・


普段、家でひとりぼっちだった スキエさん。

そりゃもう 話相手&世話する相手が出来たもんだから、嬉しくって仕方ありません。

献身的な看病が始まりましたよ。




食事といえば、ゴチのテーブルまでご飯を運び
寝るといえば、マットレスは厚いのがいいか?それとも薄いのがいいか?
掛け布団はそれでいいか?毛布はいるか?寒くはないか?暑くはないか?
痛みはどうだ?座椅子はどうだ?何か食べたいものはないか?・・・・・・・



甘やかし放題です。






「ちょっー、リモコン取って!」←ゴチ

「自分で手が届くだろー!」

「動くと痛いんだよー」

「(¬д¬。) ほらよっ!」

と、寝ているゴチの足元に置く鬼母のわたし ♪♪♪

ばぁーちゃん!!!」

「ばかっ!呼ぶな!ほれっ!」

「( ̄皿 ̄)うしししし♪」

「チキショー!」


完治したら しこたま いじめてやるからな!
母の優しさ
2008年09月08日 (月) | 編集 |
hyoumon.jpg
お盆のことである。庭でスキエさんが私を呼んでいた。

「ちょっと、かごめー!かごめー!」

「なに?」


行ってみると、スキエさんがスミレの葉にいた毛虫を指して言った。


「ねぇ、これって蛾になるんだよね?」
「んー、蝶かもしれないよ。調べるからちょっと待っ・・・・」


まだ言い終わらない内に、かわいそうな毛虫はスキエさんの足の下に・・・


「ちょっとー、チョウかもしれないのにぃぃぃ
「毛虫ばっかり増えて困るんだよっ!」


んじゃ、なんで私を呼んだんだっ!(;` O ´) まったくぅー!
念のため、調べてみると、なんとツマグロヒョウモンチョウの幼虫だった 〇凹アウー

--------------------------------------------------------

そして昨日、スキエさんが興奮して私に電話を掛けて来た。

「か、かごめー!すぐに帰っておいでよ!」
「なに?どーしたの?」
「蝶がサナギから出たんだよ!」
「ああん???」

よく分からないけど、買い物もそこそこに急いで家に帰った。
スキエさんが指さす先を見ると、ツマグロヒョウモンチョウがカーテンに止まってジッとしていた。
まだ羽も伸びきっていない状態だった。

「おおぉぉぉ、まだ残っていたんだね。良かった♪」
「なに?」
「お母さんが、踏んずけちゃったあの黒い毛虫だよ」
「ええええええっ!・・・・・・」

ショックだったかな?

「あー、でも、1匹でも残っていたもん、良かったじゃない」
「今、ごめんなさいねってお祈りしたから、許してくれるわ」


(; ̄_ ̄) ああ、そうですか。随分簡単だな。



それにしても、家の中で羽化するなんて・・・

「ねぇ、最初からこの場所で羽化を始めたの?」
「ううん、外でさなぎから出たとこだったから、そのさなぎを持って家の中に入れたの」

えええええっ!!! なんちゅー事を・・・・

「お、お母さん・・・ちょっと強引すぎませんか?」












「だってぇ、かごめに見せたかったんだよ。蝶が好きだから」


あ、ありがとうね。 なんか 叱れなくなっちゃったな。
ポルターガイスト
2008年09月07日 (日) | 編集 |
mint1.jpg

そろそろ眠ろうかな・・・

時間は午前3時になろうとしていた。
「あーぁ、また夜更かししちゃった。早く寝なくちゃ」
と灯りを消してベッドに横になる・・・

しばらくすると





\ピシーッン!!!/


と怪奇なラップ音が・・・・・・・・





霊が・・・来てるのか?

いかん、いかん、気にするな!気のせいだ!
寝返りをうって 寝ることに専念した。


すると またすぐに \ミシッ!!!/



さっきより身近に聞こえた。
な、なんなの!ポルターガイスト?
その内に置物とか落ちたり、ベッドがガタガタしたりするとか?

一瞬 身体が固まったけど、それから何の音もしない
気のせいだな、無視!無視!
怖いと思えば怖いんだ。霊なんていない!幽霊なんてウソさ!
そう思って、また眠ろうと 寝返りをうつ・・・

すると今度は はっきりした音で



\バキッッッッ!!!!/ 














異変は私のベッドで起こっていた。

たぶん、私の体重のせいだろう。




アホくさ・・・( ̄_ ̄;)
September
2008年09月06日 (土) | 編集 |
9月と言えば September なわけで・・・

そう言うと何やらオシャレに聞こえるわけで・・・父さん。 (; ̄_ ̄)




さて、September と言うと
やっぱり竹内まりやの歌を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。
でも、September と付く曲を歌ってるアーティストは結構いるんですよね。
ユーミンとかサザンとか永ちゃんもそうだし・・・
一風堂のすみれSeptember Love なんてヒットしました。
ちょっと古すぎますかね^^;

初秋・・・
まだ秋と呼ぶには夏の名残りが強くて、それでいて、ギラギラした暑苦しさはない・・・



ちょっとロマンチストになれるわけで・・・

誰もが一片の詩でも語りたくなるわけで・・・父さん。 





もぅ いいって?( ̄∇ ̄;) あは


私は やっぱり September と言ったら コレです♪

大好き Earth Wind & Fire o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


読書の友
2008年09月03日 (水) | 編集 |
dic1.jpg
スキエさんは読書が趣味です。
なので、蔦屋でCDを借りたときに、ついでに文庫本を2,3冊買って来てあげるのです。


--------------------
「おやすみー」とスキエさんに声をかけると、
母は、買って来た本を読まずに、辞書を睨んでるんです・・・



「何を調べてるの?」


「読めない漢字を調べてるんだけど・・・」


「ふーん・・・」



A型スキエさんは、読めない字や意味の分からない字が出て来ると、理解するまで先に進めないみたいです。私なんて、ポンポンと飛ばして読んじゃいますけどねぇ。
なので、漢和辞書が必要になるわけです・・・

「かごめ、新しい漢和辞書が欲しいねぇ。出来れば文字のデカイのがいいんだけど」







そ、そうだね・・・・だいぶ くたびれてる辞書みたいだし・・・・(; ̄_ ̄)

書いてある漢字も、旧字みたいだし・・・・ 辞書に書いてある字が読めねーよ!


「ちょっと、その辞書、見せて・・・」

dic2.jpg

『定価 金五拾銭』 ってさ、いつの時代のもんだよ、すごいもん、使ってるな・・・

新しい漢和辞書、買ってあげるよ。(; ̄∇ ̄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。